« 三浦綾子「われ弱ければー矢嶋楫子伝」 | トップページ

2018年7月12日 (木)

食材を残さないで、使い切るために

冷蔵庫に残りがちな食材を新鮮なうちに使い切るためにどうしたらよいかを、最寄で勉強することにしました。

先ずごぼうから。

2本ずつ袋に入って売っていることが多いのですが、半分残って、次に使うまで間があるといつの間にかくたびれてしまうことが多いです。

そこで、残った分は、新鮮なうちにすぐ細めの乱切りにして冷凍することにしました。

Photo
数日後、牛肉と煮てみました。

ごぼうを凍ったままフライパンに並べ、その上に牛肉を広げてちょっと蒸し煮にして、調味料を入れて煮ました。

とても美味しく出来ました。

前に、少し日がたってから冷凍した時はごぼうの歯触りが悪く美味しくなかった。

新鮮なうちに冷凍するのが大事だと思いました。

« 三浦綾子「われ弱ければー矢嶋楫子伝」 | トップページ

日々のくらしから」カテゴリの記事

コメント

新鮮さが冷凍するにもだいじだということをまなびました。ごぼうを必要以上に水に浸けたり、包丁の背でゴシゴシ皮をこさがことは、栄養素のポリフェノールをすててしまうことになるそうですよ。一緒に深く勉強していきましょう。

レシピは、分量など試してから出しますね。

ほんとうに食材を使いこなせません。牛蒡も冷凍できるのですね。ちょっと湯がいてからするのでしょうか

生のままです。洗って水分をよく拭いてから冷凍しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148544/66932101

この記事へのトラックバック一覧です: 食材を残さないで、使い切るために:

« 三浦綾子「われ弱ければー矢嶋楫子伝」 | トップページ