« ピーマンを描く | トップページ | 食材を残さないで、使い切るために »

2018年6月25日 (月)

三浦綾子「われ弱ければー矢嶋楫子伝」

Photo_3
矢嶋楫子は、明治・大正を生きた女性教育者で、社会活動家である。

1833年熊本で、六女として生まれる。

兄のすすめで25歳で、結婚するが夫は酒乱で、十年間辛抱して家を出たのが明治元年。

その後、波乱の生涯を送る。

新しい女性の生き方をし、東京婦人矯風会を設立した。

初代会頭となり、禁酒・禁煙・廃娼を提唱した。

明治時代にこんなすごい人がいたことは知らなかった。

 

« ピーマンを描く | トップページ | 食材を残さないで、使い切るために »

」カテゴリの記事

コメント

なんだかすごい文字が出てきてびっくり。

矢島梶子は熊本バンドにかかわりがる人で、親戚中傑物ぞろいです。
なかなかのひとですね。

甥になる徳富蘇峰・濾過兄弟とか、一族すごい人たちが多く、熊本では有名だそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦綾子「われ弱ければー矢嶋楫子伝」:

« ピーマンを描く | トップページ | 食材を残さないで、使い切るために »